毛皮、キャット、リスについて

世界中で愛される毛皮と言えば、毛皮のコート毛皮のファーなど。衣料品を思い浮かべる方が多いと思います。その他装飾品などにも使用され、毛皮の活用方法はとても幅が広いのも特徴的です。

一般的に知られているフォックスやミンクの他にも、珍しい毛皮は多く存在します。その中で、今日はキャットとリスの毛皮についてお話したいと思います。
まずはキャットですが、これはリンクスとも呼ばれ、野生のネコの一種です。毛は長く密なため、その手触りはとても柔らかいそうです、背中の部分には、淡い褐色に濃褐色の斑模様があり、腹部は白いため濃褐色の斑模様がとても美しく鮮明です。このリンクスの毛皮は、他の毛皮とは異なり、腹部の毛の方が美しいため重要とされ、その価値もとても高いものとなっています。
次はリスです。言葉の通り、あの小動物のリスです。リスの毛皮があることを、知らなかった私はとても驚きました。きっと、私と同じように驚いた方も多いと思います。
リスは世界各地に分布していますが、最良のものはロシア産だと言われ、中でも鮮明なブルーグレーの背中部分に、真っ白な腹部を持つものは非常に良質とされています。毛は短くとても柔らかく、そして非常に軽いためコートなどのライナーに使用されることも多いのがリスの毛皮です。
毛皮と言えば、コートやファーなど、大きなものを想像しがちでしたが、このように細部にも使われることもあるのです。
コチラの毛皮買取店もすごくオススメです。

This entry was posted in 毛皮.

コメントを残す